特急車両の紹介

ここでは特急型車両を紹介します。

300系

300系電車は198X年の上越国境区間開通に伴い導入された特急車両です。

75年より特急車両については3ケタの数字にすることが決定されました。

75年導入の100系、団体200系から3ケタになりました。

寝台車も8X年の初登場時に6両が作られました。

198X年の運転開始から1998年まで食堂車が連結されていました。

 

現在はドリーム上越のみに使用されています。

寝台車は登場時は3段寝台でしたが90年改正で2段式に改造されました。

基本データ

最高速度140㎞

連結䝤数8

車両基地上尾車両センター

400系

400系は1998年導入の特急電車で85年から導入開始の300系電車を置き換えるために導入されました。

1998年改正での新潟線の一部区間で160㎞

引き上げを見越して作られた車両です。

基本データ最高速度160㎞

連結両数7

保安装置ATC-SR,ATS-SR

使用列車特急上越

車両基地  長岡車両センター、上尾車両センター

500系

製造元日本車両製造・磯川車両製造

製造年2013~

最高速度160㎞

所属車両基地

新潟車両センター

上尾車両センター

 

500系は奥越線開業に伴い登場した系列です。

400系電車の置き換えも兼ねています。

6両、7両、8両の3タイプがあります。6両編成は新潟ー仙台間の特急「奥越」、

7両編成は横浜ー新潟中央間の特急「よこはま上越」、8両編成は新宿~仙台間の特急「あおば」に使用されています。

また21世紀に製造された車両では珍しく食堂車があります。

500系には上州はねだ仕様車があり、フリーゲージトレインになっています。

500系の食堂車 サシ500形です。 サシ500形では14系のオシ14、485系のサシ481 24系のオシ24といった国鉄形の食堂車と同様の定員を40名で2階建て食堂車とするため、階下に厨房を設置しています。 また階下には従業員専用便所が設置されています。

500系の2階建てデラックスシート・個室車です。

2階が3列シートの開放室、1階が1人個室・4人個室になっています。

定員は1階の個室部分が11名 2階の開放室が36名です。

560系)

製造元磯川車両製造

製造年2013~

編成10両編成

所属車両基地 宮城車両基地

越奥線開業に伴い新宿ー仙台間の寝台特急奥羽が設定され、そのために作られました。

なお、食堂車を連結していません。

個室はシングルデラックス、ソロ、シングル、シングルツイン、ツインで構成されています。

27系客車

27系客車は新宿ー札幌間の寝台特急用客車です。

個室はA寝台1人個室ロイヤルとA寝台2人個室ツインロイヤル、B寝台一人個室ソロ、B寝台2人個室デュエットで構成されています。残りの車両は2段式B開放寝台と食堂車、それに電源車です。

新東電鉄は架空鉄道です。

実際には存在しません。

一個人の趣味で架空の鉄道会社のホームページを作っているだけですので、国土交通省、都道府県市区町村および、実在する企業、社団法人日本民営鉄道協会に問い合わせをすることは先方の迷惑になりますので問い合わせはおやめください。